2003年火星

6万年ぶりの大接近。
長い年数見て来ましたが、せいぜい1ミリか2ミリの世界でした。
拡大撮影しても私の質素な機材では難しい対象でした。
☆仲間もCCDカメラでこんな素晴らしい火星を撮ってます。

030829中村さん撮影
ミードの25cm、CCDカメラでこんな火星素晴らしいですね。


030905中村さん撮影
ミードの25cmシュミカセ。
光軸調整追いつかず、苦労の作品。

030907楠さん撮影。
20cmニュートン式To you comで撮影
Registaxで合成。
凄い分解能ですね。
20cmでこんな映像が撮れるとは驚きです。
大望遠鏡に匹敵する映像です。


030914オーナ撮影
15cmインテスシュミカセ
ビクセンのCCDカメラで撮影。
Registaxで合成。
私が撮影した中で一番の画像。
ささやかな機材で感激ものです。
昔なら天文台の写真?・・・過言ではないです。


031002オーナ撮影
20cmセレストロン
なかなかシーイングの良い日に恵まれません。
CCDカメラで撮影Registaxで合成。
031029堀口さん撮影
火星ではありませんが初めてEOSのデジカメで撮影した記念すべきM42です。